HOME周辺施設 >煙樹ヶ浜

煙樹ヶ浜

煙樹ヶ浜

煙樹ヶ浜は、全長約4.6km、幅は最大約500mもの松林が続く日高川河口から日ノ岬へ向かって弓なりに伸びる浜です。
この松林は、初代紀州藩主徳川頼宣が塩害を防ぐために植えさせたもので、伐採が禁じられたため現在も当時の美しい姿をとどめていて、町の自慢となっています。
また煙樹ヶ浜は、波に洗われて丸くなった石の海岸で、砂浜とは違う波の音が楽しめます。